おいしい食べ方

おいしい水と空気、そして眺望のすばらしい檜林の斜面で育てた地鶏の、おいしい食べ方をご紹介します。

生肉の場合
真空パック未開封での冷凍保存で3ヶ月以内にお召し上がり下さい。
再冷凍は味を損ないますので出来るだけ避けてください。

開封後は、出来る限りお早目にお召し上がり下さい。
塩焼き

Highslide JS
↑クリックで拡大

【作り方】
もも肉、ももむね混合肉、むね肉を 1 cm× 2 cm位の大きさに切り、
塩または塩コショーをし、炭で焼くと落ちた油で炭の香りが肉に移り一段とおいしい。

ガステーブルのグリルでも OK 。鉄板で焼くときは油をできるだけ薄くひき、
肉に油を吸わせぬこと。特にもも肉やむね肉等は焼きすぎぬよう注意してください。

刺身

Highslide JS
↑クリックで拡大

【作り方】
ささみ:甘味があり天然の鯛のような味です。わさび醤油で結構です。
むね、もも肉:半解凍状態で薄造りがお勧め。

また、表面を軽く焼く(タタキ)と一層脂がなじんで美味しいです。
わさび醤油、しょうが醤油、ニンニク醤油がお勧め。

大手羽の唐揚げ

Highslide JS
↑クリックで拡大

【作り方】
1.大手羽表面の水気を拭き取り、裏から骨に添って包丁を入れ、170 ~ 180 度位の油に入れる。
2.裏返しながらしっかりと素揚げした後、タレに浸しお皿に盛り付け、少し多めに塩コショウをする。
3.レモンを絞ってお召し上がり下さい。

タレ:みりん1、濃い口醤油1、にニンニクスライスを入れ、数時間置く

むね肉でチキンカツ

Highslide JS
↑クリックで拡大

【作り方】
(材料  2 人前)むね肉 180 g、地卵 1 個、小麦粉小さじ 4 杯、生パン粉
1. むね肉の皮を取り、5等分に切り軽く塩、コショウをする。
2. むね肉に小麦粉を軽くまんべんなくつける。
3. 卵は軽く溶きほぐしむね肉につけた残りの小麦粉を混ぜ合わせ、むね肉を卵にくぐらせ、
パン粉をしっかりとつける。パン粉が厚くなり過ぎぬように注意。
4. 肉に火が通り過ぎぬよう油の温度は低温( 150 ~ 160 度位)で揚げる。
衣が狐色になればOK。くれぐれも揚げ過ぎぬように注意。

ソース:とんかつソース、ウスターソース ( 各、大さじ1 ) 、ケチャップ、マスタード ( 各、大さじ 1/2)

むね肉でチキン南蛮

Highslide JS
↑クリックで拡大

【作り方】
(材料:5人分)ムネ肉500g、食塩小さじ1、コショウ少々、小麦粉35g、卵1個、揚げ油適当

南蛮液:醤油大さじ2、酢大さじ2.5、砂糖大さじ3、香辛料少々。
タルタルソース:マヨネーズ80g、卵1個、玉ねぎ20g、ピクルス10g、パセリ、食塩3g、コショウ少々

1. 鶏肉に塩・コショウをして、小麦粉・卵の順にころもを付け油で揚げる。
2. 1.に南蛮液に浸し、タルタルソースを添えて食べる

炭火焼

Highslide JS
↑クリックで拡大

【作り方】
このままでも召し上がれますが、真空パックのまま、
電子レンジかお湯で温めてから召し上がりますと一段と美味しくなります。
野菜炒めに加えても美味しいです。

手羽焼

Highslide JS
↑クリックで拡大

【作り方】
炭火焼と同じですが、野菜サラダを添えれば夕食のメイン料理になります。

地鶏味噌

Highslide JS
↑クリックで拡大

【作り方】
豆腐、きゅうりなどにつけるとおいしくなります。熱いご飯にのせると食が進みます。
また、茶碗に入れてお湯を注げば簡単な味噌汁ができます。
さらには、野菜と一緒にいためると簡単なおかずになります。